将来性

坂本よしたか徹底解説「オーガーの将来性」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨オーガーの将来性について

坂本よしたかです。オーガーは予測市場のためのプラットフォームであり、そこで発行される独自の通貨です。

予測市場とは何のことなのか、オーガーは仮想通貨として使えるのかなど気になる情報をまとめてみました。

オーガーを説明するためには、予測市場という言葉が用いられます。

言わば不確定要素の多い未来について予想し、それにお金を賭けるギャンブルとも言えるでしょう。

ギャンブルであればこれまでにも行われてきましたが、オーガーではスマートコントラクトを利用します。

これによって予測市場内で起こる不正を予防できることになります。

予測に必要なルールや配当金なども全てブロックチェーン上に記録されるので、誰もごまかすことができません。

ギャンブルとはいえ胴元がいるわけでなく、予測が当たった人、当たらなかった人に分かれるだけです。

オーガーで予測される内容は色々で、誰でも自由にイベントを作成できます。

イベントは正解不正解の2択、数字を予測するもの、複数の選択肢から一つを選ぶものの3種類に分けられます。

利用者であれば誰でもイベントを作れるという、参加型の楽しみ方ができるのもオーガーの人気の理由かもしれません。

もちろん、イベント作成者が胴元になるわけではなく、結果は参加者からなるサポーターによって決定されます。
結果を正しく報告したサポーターには、報酬が支払われます。

間違った報告をした場合はデポジットが没収されるため、サポーター自信が結果報告に慎重になるというメリットもあります。

オーガーの最大の特徴でもある予測市場は、一般的な認知度が高いとは言えません。

また、ギャンブル性が高いという点では国の規制を受ける危険性も持っています。

特異性のある分野だけに、今度どのように変化していくかの予測が難しいとも言えるのではと思います。

ただ、他にはない特徴を持っているという点で注目を集めているのも確かです。

未来を予測するという特性を生かし、保険分野への応用も検討されていると言われます。

病気にならないという予測の元に掛け金を預け、病気になったら賭けが外れたとして賭け金を没収されるということです。

こうした利用については保険業界との兼ね合いもありそうですが、実際に導入されればコスト削減にもなりそうです。

オーガーにはギャンブル性というわかりやすい一面がある一方、活用方法が限られるという見方もあります。

賭け事が禁止されている日本で一般的になるかというと、難しいという意見も多そうです。

仮想通貨投資は海外での同行を見るのが一般的なので今後の同行は見ておいても面白いかと思います。

今回の記事は以上になります。
仮想通貨最新情報を知りたい方は、坂本よしたかのメルマガに登録へ
↓↓↓
最新情報を受け取る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*