徹底解説

坂本よしたか徹底解説「ファクトム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨なのに中央集権を採用しているファクトムについて徹底解説

坂本よしたかです。ファクトムは仮想通貨の中でも、電子記録の作成や管理に特化しているという特徴を持っています。

ここでは分散型公証システムとも呼ばれるファクトムの仕組みや、仮想通貨としての将来性についてお伝えします。

ファクトムは2015年にアメリカで公開された仮想通貨で、事実を意味するFactが語源になっています。

ブロックチェーン上に記録されたデータは、改ざんが不可能と言っても良いでしょう。

ファクトムはそれを利用した、記録された事実を証明するためのプラットフォームです。

膨大な文書を分類、管理するためにはコストも手間もかかりますし、不正を防ぐ手段も多くはありません。

ファクトムを使えばそうした手間もコストも抑えられるうえに、不正を未然に防ぐ手段にもなり得ます。

記録できる書類は保険や証券、登記簿など様々です。

そのため、ファクトムは企業や政府などに採用される可能性の大きいプロジェクトとしても注目されています。

仮想通貨には非中央集権型のものも多くありますが、ファクトムは中央集権型という特徴があります。

管理しているのはテキサス州に本社を置き、中国やイギリスなどにも死者を持つFactom Inc.です。

中央集権型ということで母体に万が一のことがあった時の不安もありますが、大手企業からの多額の出資を受けています。

そのため、すぐに母体が傾いてしまうという心配はなさそうです。

今後はアメリカにおける電子データ市場の大部分を、ファクトムが占めるという予想もされています。

そうなった時にはプラットフォームとしてのファクトムだけでなく、仮想通貨としてのファクトムも価値が上がるでしょう。

大量のデータを保管するという点でセキュリティが心配になりますが、ブロックチェーンを使っているのでその面でも安心です。

また、ファクトムが記録するのはデータのハッシュのみです。

そのため個人情報が流出する危険性も極めて低いと言えるでしょう。

ブロックチェーンを利用しているため、スケーラビリティ問題は残ります。

しかし、データをまとめてブロック状に記録するためデータ量を削減でき、必要なコストを減らすこともできます。

ビットコインの特性を上手く利用しながら、デメリットは避けられるような仕組みが出来上がっているということです。

どこにいても必要なデータが取り出せ、その情報は安全に守られているというのがファクトムの仕組みです。

応用範囲が広いだけに普及も早いと予想する人は多いようです。

今回の記事は以上になります。理解できましたか?

仮想通貨最新情報を知りたい方は、坂本よしたかのメルマガに登録へ
↓↓↓
最新情報を受け取る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*