将来性

坂本よしたかが語る!仮想通貨NEM(ネム)の将来性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【仮想通貨NEM(ネム)の将来性】

坂本よしたかです。

巨額の流出事件で一躍有名になって安全性に問題があるという悪いイメージがついてしまったNEMですが、実際にはどうなのかNEMについて解説いたします。

ネムは仮想通貨として考えている人もいますが、実際はプラットフォームの名称です。

New Economy Movementを略したNEMはプラットフォーム、そこで利用されるのはXEMというトークンです。

流出事件の原因は取引所のセキュリティ対策に問題があっただけです。

コインチェック ネム事件詳細はこちら

NEMにセキュリティの脆弱性があったわけではないというのが仮想通貨に詳しい人の一致した意見です。

ですからこれからネムへの投資を考えている人は、セキュリティに対する不安を持つ必要はないでしょう。安心してください。

ネムは既に発行上限数の約90億XEMの発行を終えており、マイニングが行われることはありません。

しかし、ネムではマイニングに相当すると言われるハーベストという作業で報酬を得ることができます。

ハーベスティングの成功確率は、ネムの保有量や取引の回数などネムのネットワークへの貢献度によって決まります。

XEMを保有しているだけでなく取引を行うという条件が入っているため、自然にXEMの流動性も上がると考えられているようです。

アカウントにはXEMの残高と取引履歴によるインポータンスというPoIスコアがつけられます。

これを上げることで、ハーベスティングでXEMを増やしていくことがより簡単になります。

ネムの時価総額は10位前後で推移していますが、取引所の流出事件以降なかなか順位を上げられずにいます。

これは仮想通貨市場全体の動きが一時に比べると鈍くなっているせいもあるかもしれません。

ネムにはこれまでの仮想通貨にないほど強固なセキュリティや処理能力の向上を実現する機能の実装が予定されています。
ネムのこれらの新しい機能への期待は高く、実装が現実化すれば一気に価格が上昇するとも考えられています。

また、国内の主要な取引所で売買できるという点も日本でネム人気が安定している理由と言えるのではないでしょうか。

悪いイメージだけが先行してしまったネムですが、将来的に有望な機能を多く備えています。

値段が下がっている今が買い時という人もいるようなので、坂本よしたかは投資対象として検討してみる価値のある仮想通貨と判断しています。

今回の記事は以上になります。

仮想通貨最新情報を知りたい方は、坂本よしたかのメルマガに登録へ
↓↓↓
最新情報を受け取る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*