開設方法

坂本よしたか【bitflyerの開設方法を徹底解説】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨のbitflyerの開設方法を徹底解説

坂本よしたかです。

bitflyerは、ビットコイン取引量日本一を誇る国内の仮想通貨取引所です。
初めての人にお勧めと言われるだけあってサイトも見やすく、口座開設に関しても難しい手間はありません。

仮想通貨取引所の口座を始めて作る人にとって、必要な書類や手続きについての不安は多いでしょう。
しかし、bitflyerの口座を開設するのに必要なのはメールアドレスだけです。
ただ、メールアドレスの登録が終われば口座が開設できるものの、機能は制限されており自由に取引できません。
売買を行いたい場合は、トレードクラスという口座を開設する必要があります。
とはいえ、トレードクラスの口座開設も少し情報を足すだけで作れるので心配はいりません。
まずはbitflyerのホームページにアクセスして、登録するところから始めましょう。

メールアドレスを登録して口座が開設できたら、アカウント情報をクリックして手続きを進めていきます。
bitflyerでは電話番号認証だけでなく、フェイスブックのアカウントを使った認証も可能です。
電話番号認証かフェイスブック認証が終わったら、本人確認書類の画像をアップロードします。
本人確認書類には免許証やパスポートなどが利用できますが、当然入力した情報と生年月日などが一致していることが条件です。
個人情報入力の際には、間違いの内容に気をつけて入力しましょう。
また、画像で送るため鮮明なものも準備しておくことも大事です。
本人確認書類に不備があると口座開設に時間がかかってしまうので、文字が鮮明に読み取れる画像を選んでください。

本人確認書類をbitflyerで確認した後はハガキが届くので、それを受け取れば口座開設手続きは完了です。
実際に利用するためには、銀行口座の認証も必要となります。
銀行口座の認証が終わるまでは取引に必要な日本円の入金も行えません。
通常であれば2,3日で銀行口座の認証が終わり、その旨を知らせるメールが届きます。
ここまでの手続きをすべて完了させるのにかかる時間は1週間〜10日程度を見ておけば良いでしょう。
口座開設申し込みが混みあっているときでも、2週間以上かかるということはないようです。
登録後でもパスワードの変更などは可能なので、定期的にパスワードを変更しておけばセキュリティ対策にもなります。

bitflyerで仮想通貨の取引をしたいなら、トレードクラスでの登録は必須です。
入力項目なども多くないので最初に登録を済ませておきましょう。

今回の記事は以上になります。理解しましたか?

仮想通貨最新情報を知りたい方は、坂本よしたかのメルマガに登録へ
↓↓↓
最新情報を受け取る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*