将来性

坂本よしたか徹底解析ビットシェアーズの将来性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨ビットシェアーズの特徴について将来性も含めお話しします。

BitShares(ビットシェアーズ)は、インビクタスイノベーションズ社が2014年の7月にリリースした通貨略号がBTSの仮想通貨です。取引承認システムには、PoS(Proof of Stake)を発展させたDPoS(Delegated Proof of Stake)が採用されています。単位はBTSでブロックチェーン技術が採用されています。ビットコインとの違いはwitnessと呼ばれる取引に関しての承認者がいることです。

この承認者が存在することで取引にセキュリティが向上するという仕組みです。取引を承認するたびにwitnessの方は報酬を得ることができ、この立候補はBTS所有さえしていれば立候補することができます。その立候補者の中からBTS所有者の投票により選出されるという選挙に似た仕組みを持っています。

また、スマートコインという価格固定型の通貨に交換できる点があげられ、bitUSDという常に1ドルの価値をもつものやbitJPYという1円の価値をもつスマートコインが用意されています。USDTの代役としてビットシェアーズの価格が下落しそうな時に交換しておくと資産減りを防ぐことができるという特徴です。

長期的な運用のために、仮想通貨のリスクをなくせるこのスマートコインという考え方。将来性を感じさせる通貨であることは間違いありません。

つまり発行元の経営状態に左右されることがないという強い利点を持っているのです。

そう考えると、マウントゴックスのような第三者あるいは管理者による不祥事が起こり得ないことが大きな魅力であり優位性ではないでしょうか。

ビットシェアーズは仮想通貨の取引ができる総合プラットフォーム「OpenLedger」を提供しています。ビットシェアーズの基軸通貨は「BTS」ですが、ほとんどの人が採掘で入手することが不可能なので、OpenLedgerを通して手に入れるのが最も近道になります。

OpenLedgerは、DACの発展を進めるBitSheresの仮想通貨取引所となりますから、管理者のいない非中央集権的な取引所(分散型取引所)となります。セキュリティ面でも安心できそうですね。

今回の記事は以上になります。いかがでしたでしょうか。

仮想通貨最新情報を知りたい方は、坂本よしたかのメルマガに登録へ
↓↓↓
最新情報を受け取る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*