坂本よしたか

坂本よしたか徹底解説ビットコインキャッシュの将来性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!坂本よしたかです。

本日は坂本よしたかがビットコインキャッシュについて徹底解説いたします。

2017年8月にビットコインがハードフォークして生まれたビットコインキャッシュは、一時的に50万円にまで高騰しました。
これからも期待できる通貨なのか、今後の動向や将来性についてまとめてみました。

ハードフォーク直後の価格は4万円ほどでしたが、市場全体の高騰もあり50万円の値を付けたのは記憶に新しいところです。
ビットコインから派生したこともあり、特徴には共通点が少なくありません。
ただし送金詰まりという問題点を解消したことにより、将来性には大きな期待が寄せられています。
取引を記憶するブロックの大きさは、8倍で容量にも拡張性を持たせています。
また、セキュリティリスクの対策も取られているため、ビットコインに勝るとも劣らない通貨であることは確かでしょう。
こうした点から見ても、今後はビットコインと同じ程度の普及が望める数少ない通貨の一つだと坂本よしたかは予想しています。

将来性についてもっとも期待できるのは、送金スピードの早さを生かした実用性の高さです。
ビットコインを決済に利用できる店舗では、手数料の高さや送金詰まりに手を焼いて取引を中止するところも出てきています。
そこでビットコインキャッシュを代替手段として検討する企業が出てくるのは、当然のことと言えるでしょう。
ただ人気が出ると、同じ問題に直面するかもしれないという懸念は捨てきれません。
流通量が増えても、現在と同等のスピードが確保できるかどうかが大きな課題とも言えます。

誕生からすぐに高騰したものの、2018年には大きく値を下げた点を懸念する人もいるかもしれません。
しかしこれは仮想通貨市場全体の暴落に伴うもので、個別の通貨に対する不安からではありません。
また通貨の大暴落を招く大量の売りについても、心配する必要がないので安心材料の一つです。
これは大量に保有していた投資ファンドが既に少しずつ売却を行っており、今後は大量売りが出ないと予測されるからです。
新たに開設された取引所では、ビットコインキャッシュを基軸コインにするところも出てきています。
ビットコインの問題点をクリアした新通貨として誕生した経緯を考えると、こうした流れも自然なことです。
流通量の増加や決済機能としての導入に加え、基軸コインとして使われることでも価格上昇が期待できそうです。

ビットコインは今後も分裂を続け、類似する効果は増加すると予測されます。
その中でもビットコインキャッシュは、将来性が大きい通貨と考えて良さそうです。

ビットコインキャッシュの最新情報もメルマガで流しているので是非ご登録下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*