坂本よしたか

坂本よしたか徹底解説【NXTとは?】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!坂本よしたかです。
ビットコインの次を担うビットコイン2.0の中でも、先駆者的存在なのがNXTです。
公開当初はかなり話題となりましたが、同様の通貨が次々と誕生する中で成長を続ける可能性があるのでしょうか。
坂本よしたかが徹底解説します。

NXTはビットコインの基本的な機能に加えて通貨発行や、マーケットプレイスなどの付加機能が搭載されています。
特にブロックチェーン上での売買が可能なマーケットプレイスは、ビジネスへの応用にも期待が持たれています。
この他、ユーザー同士でのメッセージのやり取りや投票機能などは個人でも様々な活用ができる分野と言えるでしょう。
取引開始直後に注目を集めたのもこうした多様な機能を持っているからで、後発のArdor誕生まではNXTの独壇場でもありました。
しかし、NXTの上位互換とも言えるArdorが2016年に公開されてからは存在感が薄れたという見方が多数派です。

承認アルゴリズムにPoSを採用しているのも、流動性を下げる一因と言われています。
保有量が多いほど承認者に選ばれやすく報酬を得られる仕組みになっているため、独占的に保有している人が少なくありません。
仮想通貨としての価値を上げるには流通し、使われる事が重要です。
また、万が一悪意のあるユーザーが大量保有者となった場合データ改ざんリスクを招くことにもなりかねません。
ただし、NXTではこうしたリスク回避への対策を強化しているため、実際に攻撃を受けることはないでしょう。

誕生時にはかなり将来性が期待された通貨であることは確かですが、現時点でNXTでなければならないという売りはありません。
NXTの後継と呼ばれるArdorにも全ての機能が実装されており、時価総額ランキングでも上回っています。
改良版であり光景の存在がある限り、あまりNXTの将来的な見通しは明るいとは言えないでしょう。
ただし、企業が実用化に向けて動き出したり、新たな機能が付加されるなどの動きがあれば価格の上昇は期待できます。
プラットフォームとしての実用性の高さや技術面では評価されているだけに、人気復活の可能性は低くありません。
すぐに購入しておきたい通貨ではないものの、保有している場合は今後の動向について情報収集を欠かさないようにしましょう。

NXTに使われている技術自体は優れたものであり、プラットフォームとしての成熟度も高いと言えます。
大幅な値上がりは期待できなくても実用的な通貨としての普及は見込めるかもしれません。

ネクストの堅実性についてもっと知りたい方は坂本よしたかのメルマガへ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*