坂本よしたか

坂本よしたか 仮想通貨用語集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨は専門用語が使われることが多く、これから投資をしようという人は戸惑うケースも少なくありません。
そこで仮想通貨の取引で良く使われる用語を、いくつかまとめて紹介していきます。
基礎的な意味を知るだけでも、理解度がかなり深まるはずです。

仮想通貨または、暗号通貨から説明をしましょう。
国や地域が発行する法定通貨とは異なる通貨です。
従来の通貨とは異なり、中央管理団体がいません。
参加者全員がデータを共有し、決済にかかわる部分もまた共同で行う形をとっています。
法廷通貨では時間や手数料がかかっていた送金問題について解決できる手段であり、多くの企業から注目されています。

この仮想通貨の基盤になるのがブロックチェーンです。
ブロックチェーンは商取引における台帳と同じ役割があります。
ただし、参加者全員で共有するものであり、不正をすることは事実上できません。
仮想通貨以外にも応用ができるとのことで、各国ともに最新の技術を研究しています。
仮想通貨の取引を意味するのがトランザクションです。
正確には仮想通貨を送金することを意味します。
このトランザクションの承認に対して欠かせないのがブロックチェーンです。
仮想通貨では良く出てくる言葉なので覚えておくと良いでしょう。

仮想通貨を保管する場所がウォレットです。
電子データであるため、正確には残高を記録する形で保有する場所だと考えて良いでしょう。
取引所でもウォレットが用意されていますが、セキュリティ的にはリスクが高いです。
そのためセキュリティを高めたソフトウェアウォレットやコールドウォレットを利用すると良いでしょう。
ただセキュリティが高くなるほど、ネットを通して取引などに使用しにくくなります。
そのため取引をする分と、保管する場所と用途別に分けて利用するのが大切です。

仮想通貨は、現在1000種類を超えるほど発行されています。
大別するとビットコインとアルトコインに分けられるので覚えておきましょう。
前者は仮想通貨の元祖であり、世界で最も取引される仮想通貨です。
それ以外の仮想通貨のことをアルトコインと呼びます。
このアルトコインの中でも知名度が低く、マイナーなものを草コインとも言います。
日々アルトコインは増殖していくものなので、大きなビジネスチャンスが転がっているのです。
最近では、アルトコインの方が有望だとする投資家も少なくありません。

仮想通貨で使われる基礎的な用語を紹介しました。
いずれも良く使われるものです。
なれるまでは時間がかかりますが、意味が分かるようにしておくと良いでしょう。

坂本よしたかメルマガ登録へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*