坂本よしたか

イーサリアムの技術的革新性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!坂本よしたかです。
アメリカのベンチャーキャピタル企業が対談イベントを開催し、元GoogleCEOが仮想通貨イーサリアムの技術的革新性を評価しました。
ある仮想通貨の情報メディアの報道によれば、技術的な面から見ると過小評価されているとのコメントがあったようです。
イベントの中ではThomasCrownArt社の創業者が、2019年を通して上昇軌道に乗ると宣言を行いました。

元GoogleCEOはイーサリアムの技術的革新性の中でも、ブロックチェーン技術について高く評価しています。
上記で取り上げた仮想通貨情報メディアには、コメントの詳細が掲載されていました。
それを要約したものを以下にまとめます。

まずブロックチェーンは、他の仮想通貨のための優れたプラットフォームとのことです。
ちなみにプラットフォームとは、ソフトウェアが動作するための基盤として機能する部分を言います。
互いを信頼していない個人間の取引で、プラットフォームとして卓越していると評価されています。

元GoogleCEOはブロックチェーン上での実行が始まることに興味があり、イーサリアムの機能がもたらす可能性に興味があると語っています。
もしイーサリアムがグローバルに行動を起こす方法を見つけたら、プラットフォームとして強力になるだろうとも語っています。

またこのイベントでは、ThomasCrownArt社の共同創業者がイーサリアムの価格上昇について強気な発言を行いました。
共同創業者によると、イーサリアムは2018年末までに500ドルに達するとのことです。
報道されている時点で計算すると、500ドルは日本円で約5万円になります。

2019年を通して上昇軌道に乗るとしており、高騰を推進する原動力としてデータベース管理システムの大手企業のサービスを上げています。
サービスを利用によりスマートコントラクトへの直接的な情報配信が可能となり、ネットワーク外の情報に直接アクセスする必要がなくなります。
またアートの認証ビジネスも例に出し、作品が作成された時点で記録を保存し登録された作品の認証が可能となります。

このような利便性の高さを武器に、仮想通貨の大量採用という今後のビジョンが語られました。

ThomasCrownArt社が宣言通り軌道に乗れば、イーサリアムの暴騰に影響するかもしれません。
元GoogleCEOから評価されたイーサリアムとThomasCrownArt社が手を組めば、仮想通貨市場が大きく変わる可能性もあるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*