坂本よしたか

イーサリアムクラシック損失額1億円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

坂本よしたかです。仮想通貨の銘柄には様々な種類があり、イーサリアムクラシックもその中の1つです。
日ごろから取引を行っている投資家であれば知っているかもしれませんが、大きな損失額を出したことが報じられています。
損失額は日本円で1億円を超え、投資家たちの間でも話題になったのではないでしょうか。

アメリカの大手仮想通貨取引所は2019年1月8日、イーサリアムクラシックの損失額が110万ドルに上ることを発表しました。
110万ドルを日本円に換算すると、およそ1億2,000万円です。

イーサリアムクラシックは51パーセント攻撃を受けて、およそ4,800万円の二重払いが不正に行われていたのです。
51パーセント攻撃とは、仮想通貨のブロックチェーンの機能を損なわせるための攻撃方法の1つです。
悪意のある個人や集団が仮想通貨のネットワークの過半数をコントロールし、不正取引が行われる場合もあります。

上記の大手仮想通貨取引所はイーサリアムクラシックのブロックをチェックし、不正取引が行われていたことを発表しました。
しかしその後に追加的な再編成をチェックし、被害額がさらに増していたことが判明したのです。

イーサリアムクラシックが51パーセント攻撃の被害を受けたことで、複数の仮想通貨取引所が対応に追われる事態になりました。
まず上記の大手仮想通貨取引所は、取引をすべて停止するという対応を取ったのです。
日本国内の仮想通貨取引所でも、イーサリアムクラシックの入出金が一時停止となりました。

このような事態の影響により、仮想通貨取引所では今後規模の小さな銘柄は淘汰されるかもしれません。
投資家たちも51パーセント攻撃の危険性が高い銘柄を捨てて、安全性が期待できるものへとシフトするのではないでしょうか。
PoWというシステムが採用されているものは危険性があると言われているため、それ以外の銘柄に買いが入る可能性もあるでしょう。

そもそもイーサリアムクラシックは、システムの欠陥を狙ったハッキング事件がきっかけに誕生した銘柄です。
今回の件で1億円を超える損失額を出してしまったため、運営側はさらに不正取引への対策を強化することが重要な課題と言えるでしょう。

仮想通貨には性質上の問題があるため、一度誰かの手に渡ってしまったものを取り戻すためには双方の同意が不可欠です。
不正取引を行おうとする犯罪者が悪いですが、投資家は銘柄の安全性を見直すなどすると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*