坂本よしたか

仮想通貨取引所Gate.io「損失額すべて補償」を約束

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!坂本よしたかです。仮想通貨の銘柄やそれを取り扱う取引所ですが、度々セキュリティー脆弱性が問題視されています。
2019年1月にも大きな事件が発生し、仮想通貨取引所Gate.ioが外部からの攻撃を受けたと報道されました。
イーサリアムクラシックという銘柄が標的にされ、51パーセント攻撃が確認されたのです。

仮想通貨にはブロックチェーンという技術が用いられていますが、それを損なわせるための攻撃方法が51パーセント攻撃です。
悪意を持った個人や組織が不当な取引を正当化させ、正当な取引が拒否されてしまう可能性もある危険な行為です。
仮想通貨のネットワークの過半数が不当にコントロールされてしまうため、51パーセント攻撃と言われています。

被害を受けた仮想通貨取引所Gate.ioは、公式ホームページ上にレポートを出しました。
レポート内容によると1月7日の0時40分から4時20分の間に事件が発生し、イーサリアムクラシックに関連する7つの取引が不当に巻き戻されたのです。
調査の結果そのうちの4つは51パーセント攻撃によるものだとわかり、約3,000万円が送金されてしまったのです。

仮想通貨取引所Gate.ioは、初期の段階で51パーセント攻撃を阻止したと発表しました。
しかしすべての取引が妥当に見えたため、不正取引が承認されたと責任があることを認めました。
今回の事件の責任を取るために、仮想通貨取引所Gate.ioはすべての損失を補償すると発表しました。

51パーセント攻撃が与えた影響は大きく、対応に追われた取引所は一つだけではありません。
アメリカの大手仮想通貨取引所では、イーサリアムクラシックの取引をすべて停止するという措置が取られました。
日本国内の仮想通貨取引所も対応に追われ、イーサリアムクラシックの入出金が一時的に停止される事態に陥ったのです。

攻撃を行った犯人のせいで、国内外の仮想通貨や投資家たちに悪影響が及んだのです。
何より被害を受けたのは、イーサリアムクラシックという銘柄ではないでしょうか。
アメリカの仮想通貨取引所はイーサリアムクラシックの損失額を発表し、それによると1億2,000万円に上るとあります。

日本国内の仮想通貨取引所でも大規模な銘柄攻撃が発生し、多数のメディアで大きく報道されたことがありました。
今後51パーセント攻撃が発生しないとは断言できない限り、仮想通貨に関わるすべての人は警戒心を持ち続けるべきでしょう。

坂本よしたかLINE@はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*