坂本よしたか

2019年熱い仮想通貨とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!坂本よしたかです。

2018年は市場全体が弱気だったと言われている仮想通貨ですが、2019年は注目の年になるかもしれません。
今までの不況を覆すように熱を持った銘柄が多数存在し、今から購入しても努力次第ではチャンスが掴めるでしょう。
どのような仮想通貨が熱いのか、その特徴を紹介します。

2019年だけの話ではありませんが、メジャー銘柄は常に一定の熱量があるでしょう。
メジャー銘柄は仮想通貨の代表的な存在であり、知名度が高いです。
時価総額ランキングで1位に輝いたこともあり、他の銘柄と比較して値動きが穏やかという特徴があります。

ハイリスクハイリターンな投資は、経験が浅い初心者には厳しいかもしれません。
無難な投資活動から始めたいのであれば、メジャー銘柄の人気にあやかると良いでしょう。

他に熱いと言われてるのは、アルトコインです。
アルトコインとはメジャー銘柄以外の総称である、大手の仮想通貨取引所では複数のものが取り扱われています。
期待するリターンの大きさで選ぶのであれば、メジャー銘柄よりもアルトコインの方が良いかもしれません。

2019年に入りメジャー銘柄が11.7パーセントの成長を遂げました。
しかし21種類のアルトコインの銘柄が、100パーセント以上のリターンを記録したのです。

アルトコインを管理する取引所は、トークンを発行する場合もあります。
一般的な仮想通貨にはブロックチェーンというシステムが用いられており、そこから発行されるものがトークンです。
仮想通貨と同じように取引をすることができ、取引所が独自に発行して投資家たちに分配する場合もあります。

トークンの取引も含めて考えると、仮想通貨市場はアルトコインが牽引しているかもしれません。
その影響を受けて暗号通貨の市場も上昇し、今後も成長する見込みです。
ちなみに暗号通貨とは高度な暗号理論を用いる銘柄のことで、従来のものよりもセキュリティ面に強いという特徴があります。

2019年4月1日時点で、暗号通貨市場全体で16.06兆円の価値があったというデータもあります。
市場価値は2月8日時点では12.27兆円でしたが、30.8パーセントの拡大を見せたのです。

2019年熱い仮想通貨を選ぶとすれば、無難なのはメジャー銘柄です。
しかしデータをチェックすると、メジャー銘柄以外のアルトコインや暗号通貨の方に勢いがあるかもしれません。
時価総額ランキングを小まめにチェックし、盛り上がっているものを探すと良いでしょう。

坂本よしたかLINE@はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*